30代の婚活

【婚活の現実】31歳・32歳・33歳で結婚するために今すぐやめるべき「勘違い行動」とは?【厳しい】

20代後半までは「いつかは結婚できるはず」と思っていたのに、30歳を超えてもいまだに彼氏すらいない……。「このまま一生独身かもしれない」「本気でヤバイかも」と嘆きの声を耳にします。

30代前半といえば、人生で最もライフスタイルが多様化する時期ですよね。

  • 社会人10年目を迎え、仕事で成果を出し始めること
  • 周囲がどんどん結婚し始める第二次結婚ラッシュ
  • 友達の子どもが小学校に入学する
  • 両親が病気を患う

など、周囲と比べて落ち込んでしまう方も多いのではないでしょうか。

婚活市場でも、31歳〜33歳の30代前半女性は激戦区。特に女性の場合は、妊娠できるかどうかのタイムリミットがあるため、本当に結婚したいと焦りが出てくる年齢でもあります。

しかし、諦める必要はありません!!

30代前半の婚活には、20代とはまた違ったやり方が必要なようで……!?

そこで今回は、30代前半女性が結婚するために、今すぐやめるべき「勘違い行動」を徹底的に分析・解説していきます。

「頑張っているのに婚活がうまくいかない……」「もうやるべきことは全部やったはず」と諦めている方のお役に立てますように!

本記事を監修した婚活カウンセラー

本記事は「5star結婚相談所」代表川上紫乃さんにご協力いただきました。

川上紫乃さん

大阪府枚方市を中心に、結婚したい男女をサポート!オンラインを利用した婚活にも力を入れています!

5star結婚相談所公式サイト

31歳・32歳・33歳の結婚は難しい?男性の本音。

男性が、若い女性を好む」というのは誰もが知る周知の事実です。

平均初婚年齢も上昇し、30代前半で結婚していない人も珍しくなくなってきましたが、総務省の未婚率に関する調査によると、30歳の女性が5年以内に結婚できる確率は、35.5%とされています。

特に、女性は35歳を超えると高齢出産となるため、子どもがほしいという男性は、20代の女性を希望するケースが多いのです。

男性の本音① 子どもが欲しいから20代の女性を希望してしまう。

35歳男性

将来的に子どもがほしいと思っているので、女性の年齢は気になります。私自身が30代半なので、年甲斐もなくと言われそうですが、やはり結婚するなら20代後半女性がいいですね。

男性の本音② 絶対に結婚しなければいけない雰囲気がプレッシャーに……。

29歳男性

30代の女性には、20代にはない大人の落ち着きと包容力があって魅力的だと思います。ただ、相手の年齢を考えると「付き合ったら絶対結婚しなければ」と思ってしまうので、付き合うまでのハードルが高いですね。

あなたは大丈夫?31歳・32歳・33歳で結婚できない女性の特徴とは?

1.仕事が忙しすぎて結婚したいと思わなかった

仕事をがむしゃらに頑張っていた20代。「毎日が忙しすぎて、とてもじゃないけど結婚なんて考えられなかった」という女性も多いのではないでしょうか?

20代でしっかりキャリアを積んだ女性は、30歳ごろから確実に結果を残し始めます。

仕事もひと段落したところで、「そろそろ結婚したいな」と思い始めるのが30代前半女性の特徴なのかもしれません。

2. 長く付き合っていた彼氏と30代目前に別れた

「今付き合っている人と、いつか結婚するんだろうな」と思っていたのに、相手には全くその気がなく、30歳を目前に破局する……。というのは、30代の婚活女性に非常に多い傾向です。

結婚はタイミング。

自分は結婚したいと思っていても、相手にその気があるかは別問題。付き合って1〜2年がたっているのであれば、時間を無駄にしないためにも早めにお互いの意思を確認しておくことが大切ですね。

3. 恋愛経験が極端にない

女子校出身、女性が多い職場でお勤めの女性に多い傾向です。「今までまともにお付き合いしたことがない」「彼氏が一度もできずに30歳を迎えてしまった」という女性は意外と少なくありません。

異性と知り合う機会を増やしたり、細かな失敗を気にしすぎないなど、とにかく怖がらずに目の前の男性と向き合うことが大切になってくるでしょう。

4. ひとりでいる方が気楽だと思っている

燃えるような20代の恋愛と違って、30代になると「そろそろ落ち着きたい」「ドキドキや駆け引きは煩わしい」と感じる女性も多いようです。

経済的にも精神的にも自立してくるの30代前半。「お一人様」でどこでもでかけられるようになったり、自分で物事を解決できるようになってくるので「ひとりが気楽!」と知らぬ間にどんどん結婚から遠ざかったしまうことに……。

5.結婚相手に求める理想が高すぎる

高学歴、高収入女子に多い傾向です。

残念ながら、自分より収入の多い男性、自分よりも高学歴の男性は、学生時代から付き合った彼女と20代後半で結婚してしまうケースがほとんど。

こうしたいわゆる「ハイスペックな男性」は、学生時代だからこそ多く出会えるものの、社会人になると周りから一気にいなくなってしまいます。

「周りにいい人がいない」「周りの男性のレベルが低い」と感じている人は、「自分は相手の男性から選ばれるほど理想的な女性なのか」一度自分に問いただしてみましょう。

6. 20代で不倫など将来性のない恋愛をしてしまった

30代で結婚を焦る女性に意外と多いのが、20代で不倫をしていたというケースです。右も左もわからない社会人数年目で、つい優しく頼り甲斐のある上司や既婚男性に目がくらんでしまうのも無理はありません。

「妻とはもう終わっていて」「いつかは君と一緒になりたいと思っている」など、都合の良い言葉に騙されているうちに、20代が終わってしまったというパータン。

こうした女性が「そろそろ、自分の将来を考えないと」と目を覚まし出すのも、30代前半女性の特徴かもしれません。

31歳・32歳・33歳で結婚するために今すぐやめるべき「勘違い行動」

経済的にも自立して、それなりに恋愛経験もある。20代の未熟な女性と違い30代前半の女性には、これまで積み上げてきたキャリアと自信があるはずです。

しかしいざ婚活となると、こうしたキャリアと自信が足かせになってしまうことがあるのです。

31歳・32歳・33歳の女性が本気で結婚するために、今すぐやめるべき「勘違い」を解説していきます。

  • 勘違い①:自分に似合うファッションは自分がよくわかっている
  • 勘違い②:男性が動いてくれて、やってくれて当たり前

かなり厳しい意見も入り交じりますが、自分の置かれた立場を理解することが、成婚への第1歩です。

心してみていきましょう!

婚活女性の勘違い①「自分に似合うファッションは自分がよくわかっている」

自分の身体と30年以上付き合ってくると、だんだん自分に似合うファッションやメイクがわかってきます。婚活で高感度があるのは、いわゆる「清楚さ」と「可憐さ」を掛け合わせた王道のモテファッションです。

マッチングアプリでも、結婚相談所であっても、異性とのファーストコンタクトは「写真」ですよね。

たくさんの若い女性の中で、「この人良いな」と思ってもらうには、ビジュアルを磨くのは、もはや当然の努めと言えるでしょう。

しかし、自分の芯がしっかりと出来上がっている女性ほどこれまでの「自己流・勘違いファッション」から抜け出せなくなってしまうようで……。

婚活女性の勘違いNGファッション!

勘違いファッション① 大ぶりピアスに赤リップ!強すぎるモードファッション

スタイルがよくおしゃれな女性に多いファッションです。お友達とのお出かけや、ショッピングに最適で、女性ウケは抜群!とっても可愛いですよね。

ところが、おしゃれで洗練されたモード系ファッションを纏った女性は「我が強そう」なイメージを持たれてしまうため、婚活市場では全くモテないのです……!

勘違いファッション② 隠しすぎ!色気を感じられないナチュラルすぎるファッション

「体型が気になるから」とゆったりした服ばかり着ていませんか?ナチュラル素材の洋服は、とってもおしゃれで可愛いですが「森ガールすぎるファッション」は男性にはなかなか理解できないようですね。

勘違いファッション③ 男性的すぎる!短すぎるマニッシュなショートヘア!

ショートヘアが似合う女性はとっても可愛いですよね。「似合っていれば問題ないのでは?」という意見もありそうですが、画面上で多くの女性と並んだ時、パッと見てわかる女性らしさがないと、残念ながら30代の婚活は勝てません。

「それでもショートカットが好き!」という方は、少しだけ髪を伸ばしてくるんとカールしたボブヘアにするのがおすすめですよ!

勘違いファッション④ もはや諦め!?清潔感がないのは論外。

何もしなくても綺麗でいられた10代や20代前半とは異なり、25歳を超えたあたりから女性の体は容赦なく衰えていきます。社会人たるもの、最低限の身だしなみを整えるのは当たり前です。

  • まったく何もしないノーメイク
  • ヨレヨレ、シワシワの洋服
  • くたびれた靴やバッグを持つ
  • ハンカチを持たない
  • 体臭がきつい
  • 爪が汚い

上記のような女性では、恋愛対象は愚か異性の友達としても遠慮したいところ。美しく、清潔感を保つのは相手への思いやり、マナーだと思ってしっかり外見を整えましょう。

アラサーになって外見を美しく整えられないのは、怠慢!?30歳の顔は自分の生き様である!

人には持って生まれた顔があります。10代、20歳ごろまでの顔は、親から授かったものでしょう。しかし30代の顔はどうでしょう。

「20歳の顔は自然から授かったもの。
30歳の顔は自分の生き様。
だけど50歳の顔には
あなたの価値がにじみ出る」

ココシャネルの名言

と、ココシャネルはこのような名言を残しています。

25歳を超えた頃からの、顔は自分自身で作り上げていくものです。メイクやファッション、私たちは美しくなるためのツールを活用できる存在です。

太り過ぎやボロボロの肌は、生活習慣の見直しで少しずつ改善できます。

アラサーになって外見を美しく整えられないのは、怠慢だと思って努力していきましょう!

30代の婚活女子は「20代の自分のイメージ」を捨てると結婚できる。

意外に思われるかもしれませんが、30代前半で婚活をしている女性は、みなさん驚くほどに綺麗です。反対に20代後半の女性は、気合を入れてがんばらなくても、それなりにお見合いやデートの申し込みがやってきます。

最も厄介なのは、20代後半で婚活をはじめて「それなりに男性から申し込みがあった女性」です。

学生時代はモテなかったのに、婚活をはじめて人生で最大のモテ期を経験してしまうと「意外とモテる自分」のイメージから抜け出せなくなってしまうのです。

そうすると、どうなるのか?

「もっと、良い相手がいるのでは?」と選り好みしてしまい、気づけば30代に。その後、お見合いの件数がぐっと減ってしまったという事例も多いのです……!

30代女子よ、写真で一目惚れさせるくらい美しくあれ。

若さだけ需要があった20代後半のイメージを捨て、自分の立ち位置としっかり向き合えた女性だけが、30代の婚活で成功できます。

年齢に勝てるものはなんでしょう?
それは、圧倒的な美しさです。30代前半女性が身に着けるべきは「清楚さ」「落ち着き」「嫌味のない可愛らしさ」

婚活は写真が勝負!
パッと見て「素敵だ」と思わせることができなければ、会うことすらかないません。

もう一度いいます、30代前半の婚活女性は綺麗な女性がたくさんいます!

その中で、上記のような「勘違いファッション」をしていると、あっという間に圏外認定されてしまうので要注意。

目指すは、写真で一目惚れさせるくらい美しくなること。外見を磨き、「婚活で求められる美しさ」を引き出してくれる写真館で、いますぐ本気の一枚を撮影しにいきましょう!

婚活女性の勘違い②男性が動いてくれて、やってくれて当たり前だと思っている

外見以上にシビアに考えてほしい、行動編です。結婚生活とは、ひとりでするものではなく、相手の男性と2人でするものですよね。

あなたは、男性に対して「やってもらって、動いてもらって当たり前」と思っていませんか?

ギクっとしたら要注意。気がつかないうちに気がつけばあなたも「くれくれ精神」になっているかも。

例えば……

  1. 奢ってくれて当たり前
  2. 話題を降ってくれて当たり前
  3. 連絡をくれて当たり前
  4. デートの行先を考えてくれて当たり前
  5. 気持ちを汲み取ってくれて当たり前
  6. 告白してくれて当たり前

自分は、大丈夫だと思っていても「こうじゃなきゃダメ」と無意識のうちに相手をジャッチしたりしていませんか?

察することができる男性、与えてくれる男性はモテるのは当たり前。じゃあ、あなたは?

裏を返していきましょう。上記にあげた「こうじゃなきゃダメ」が全部できる男性は、はっきり言ってかなりモテます。

秒速で彼女ができますし、結婚相談所に登録しようものなら、お見合いの申し込みが絶えません。バツイチの男性が婚活でモテるのは、女性が求める「察する」「与える」ができる人が多いからでしょう。

  1. いつも奢ってくれる
  2. どんどんこちらに話題をふってくれる
  3. 連絡をマメにくれる
  4. デートの行先を考えてリードしてくれる
  5. 気持ちを汲み取って、接してくれる
  6. 何もしていないのに告白してくれる

当たり前ですよね。全部与えてくれるのだから、女性が気持ちよく付き合えます。

受け身でいるだけで、相手の心を掴むことができるなら、恋愛や結婚において男女共にこれほど楽なことはありません。

「気持ちを言葉にできる」「行動できる女性はモテる」というパラドックスに気づいた人から、結婚できる!

さらに裏を返してみましょう。さきほど、察することができる男性、与えてくれる男性はモテるとお伝えしました。

ところが、「察する」「与える」ができる男性は驚くほどに少ないのです。

女性の気持ちを察するなんてできないし、行動したり与えたりするにはヒントが必要なのです。これと同じように自分の「気持ちを言葉にできる女性」「積極的に行動できる女性」も、驚くほどに少ないという事実に私たちは今気がつくべきです。

このパラドックスを利用して、気持ちを言葉にし、自分から積極的に行動できれば、ただ待っているだけの20代女子に圧倒的に差をつけることができるでしょう!

自分の年齢+5歳〜7歳が狙い目。

30代前半の婚活女性に多いのが「同世代と結婚したい」というもの。

残念ながら、30代前半の男性は婚活市場で非常に人気があります。

これまで異性からモテてなかった男性も、若くて可愛い女性からお見合いの申し込みがたくさんくるので「俺は意外とモテる!」と勘違いしてしまうのも……無理がありませんよね。

そんな同世代男性が狙っているのは、やはり20代半から後半の年下女性。通常であれば、恋愛対象になる同年代女性も、20代女性と比較されて選ばれないということがよくあります。

婚活をしていると、傷つくことがあります。そして、20代よりも30代のほうが圧倒的に傷つく機会が多くなるのも事実です。

だからこそ、30代前半女性には、同年代男性だけではなく少し年上の5歳〜7歳年上の男性まで、視野にいれてみることをおすすめしています。

30代後半〜40代前半の男性は、一通りの経験をして「そろそろ落ち着きたい」「安らぎがほしい」「大人の女性と結婚したい」と思っている人が多いです。

精神年齢が高く、仕事への理解が深い方も多いので「結婚しても仕事を頑張りたい」「頼り甲斐のある男性がいい」という女性にとっては、素敵な伴侶となってくれることでしょう。

31歳・32歳・33歳で結婚したいなら「勘違い女子」を卒業して、大人の恋愛・結婚にシフトしよう。

受け身はNG!大人の女性の勝ち方で結婚しよう。

今回は、31歳〜33歳が本気で結婚するために必要なノウハウをお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

30代前半という年齢は、長い人生で見れば、まだまだ序盤です。仕事もひと段落して、その人らしい人生を歩むひとつの節目といえるでしょう。

その一方で、ライフステージの変化や、周囲からのプレッシャーに押しつぶされそうになることも多い年齢です。

しかし、どんなことがあっても周りの意見に惑わされて、疲弊してしまわないよう、しっかり自分の心を守ってくださいね。頑張りすぎたら、少し休憩したり、リラックスできる時間を持つことも大切ですよ。

良い意味でも、大変な面でも、本当の意味で大人に変化していく30代。

20代だった頃の自分をこのタイミングでリセットし、あなただけの魅力を誰よりも正しく発信していくことが、大人の婚活必勝法です。

30代前半の婚活のおきて
  1. 外見を最大限に磨く(自己流ではなく婚活モードに切り替える)
  2. 相手に与えてもらう精神を卒業して、自分が与える人になる

とにかく、受け身を卒業すること。
大人の勝ち方で、幸せを掴みましょうね!困ったり悩んだら、婚活のプロを頼るのも手です。あなたの幸せな未来をWebbingは応援しています!